ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

(2) ノートルダム凱旋公演観劇記 ~フロロとカジモド~


*注:ストーリーのネタばれ100%*
*いつも書いてますが、役者については「みんな違って、みんないい(by 金子みすず)」ということで。


さて舞台は進行し、ノートルダムの副司教フロロ Frollo の登場のシーン。
ダニエル・ラヴォワのフロロが顔を見せて舞台奥から登場すると、客席から沸き起こる拍手!!!

ノートルダムでそんなことが起こるのはなかなか珍しい・・・。
それだけダニエルのフロロは愛されてきたということなのでしょう。

フレンチミュージカルのフロロは原作とは少しキャラ設定が違います。原作ではあくまで教会の神父という立場だけですが、ミュージカルではここに、パリの街に不審者がいれば取り締まり、さらには裁判で判決を下す役割も担います。救いの場所を求めるサンパピエ(浮浪者たち)を高圧的に追い払い、最後にはエスメラルダに絞首刑を言い渡すのもフロロです。つまり、原作の側面も保ちつつ、原作からでは導き出せない解釈も加えなくてはダメなのですよね(これはクロパンやグランゴワールも同じ)。

ミュージカルで加味されたフロロの人物像は行動が冷酷なのですが、ダニエルはまさにこの部分を深く汲み取った冷厳な演技。ビシッとした鋭い動きや歩き方、その視線から冷徹さや高圧的な威厳が伝わってきます。

一方、原作と同様に神父であるのに女性を愛してしまった苦しみを表現するシーンでは、どうすればわからず心が彷徨っている様子がありありとダニエルの体に映し出されていました。その苦しみがその表情からダイレクトにこちらに伝わってきていました。


大きく印象に残っているのが、「捨て子 L'enfant trouvé」のシーン。
親に見捨てられたカジモドが、拾い育ててくれたフロロへの愛情と忠実な心を語ります。



ここでカジモドの歌詞;
あなたは僕に読み書きを教えてくれた
でも、あなたの心は読めないよ・・・


カジモドはとにかくフロロが好きなのですよね。そんなカジモドはフロロの心を懸命に読もうとしているはず。それでもわからないフロロの心。ダニエルのフロロはここで直立して冷厳さを保ったまま、カジモドの言葉に反応を示すことはありません。そう、ぴしゃっと心を閉ざしてカジモドに心を読ませないのです。その演技が歌詞とぴったりマッチして、ものすごく心に残りました。

そして、立ったフロロの隣でひざまずいているカジモドの顔の前あたりに、フロロが突然ビシっと直線的に手を動かします。私、そんなに前のほうの席にいたわけじゃないのに、このフロロの手の動きにものすごくビクーッ!ドキーッ!としました(^^:)。手の動きだけで、心に突き刺さる迫力がありました。次の日にしっかり見ていたら、カジモドも私と同じようにビクッとなっていて、「うんうん、わかるわかる」って(笑)。

そしてフロロは、そのカジモドの顔の前にやった手を、今度はおもむろにカジモドの頭上に移動させます。掌は下に向いたまま。カジモドは自分の頭を頭上にあるフロロの掌にすっと寄せて、髪の毛ですりすりします。嬉しそうな顔。
・・・まるでワンコみたい・・・(笑)

・・・と思っていたら、カジモドの歌詞はこう続きます:

僕の存在すべてあなたのものだ
犬が主人に逆らうことなどないように


ああ、そうだ・・・!確かに歌詞ではまさしくワンコ・・・!!

このスリスリする時のカジモド役アンジェロ・デル・ヴェッキオの表情に、フロロに対する全幅の信頼と愛情がうまく表現されていました。そして、カジモドの頭上に置いたフロロの手・・・これは先ほどとは逆に、冷徹なフロロにもカジモドを慈しむ心があるのだということを瞬時に感じさせる表現になっているのですよね。だって、フロロはカジモドを拾って育てたのですから。

短いシーンなんですけど、ダニエルとアンジェロが作り上げた演技は、二人の関係性を端的に、そしてわかりやすく伝えていました。特に歌詞にぴしゃーっとハマっているのが解釈の深さを感じさせ、後から思い出してもじわじわ感動させてくれます。





そして、実はこのシーンはクライマックス・シーンへとつながっていきます。

「捨て子」の歌の中では「僕はあなたのものだ」と言っていたカジモドが、ラストで彼は主人であるフロロに逆らいます。カジモドが、哀しくも人生で初めて自立した瞬間とも言えるでしょう。

今回の二人は、そのクライマックスも秀逸でした。
「Mon maître, mon sauveur  僕の主人、僕の救世主」。エスメラルダが処刑されるシーン。大聖堂の高みからそれを見ているフロロ、そしてカジモド。


カジモド: あなたには心があった・・・| フロロ: 心・・・
カジモド: 愛することができる心 | フロロ: 泣くことができる心
カジモド: 血を流すことができる心 | フロロ: 殺すことができる心・・・


「泣くことができる心」という歌詞のところでダニエルのフロロは、壁に自身の前面から身を叩きつけ、とても苦しそうな表情を見せます。それは泣き叫んでいるかのよう。

今までの私の解釈は、「泣くことができる心」と言いつつ、この時のフロロにとって泣くという行為は既にどこか空虚で別世界のような感情という感覚がありました。しかし、この時のダニエルのフロロは、泣いていた。苦しみを叫んでいた・・・。

「殺すことができる心」と叫ぶように歌った後フロロは、エスメラルダの処刑は自分が導いたのだとカジモドに告げます。そしてエスメラルダの体は宙に吊り上げられ、それを見ながらフロロは「お前のエスメラルダは昇る朝日の中で吊るされるのだ」と語って、大きく高笑いをして去っていきます。

凱旋公演を見るまで思ってきたのは、この時のフロロは、自分を拒んだエスメラルダに対して「ざまあみろ」という気持ちや、あるいはエスメラルダがいなくなって苦しみから解放されるという喜びを感じているだろう・・・と漠然と思ってきました。

でも、この日のフロロは違いました。彼は、今まさに自分が罪を犯している瞬間を見つめている、その罪を眼前に突き付けられている・・・。「なんということをしてしまっているのか」と進行形で感じている一方で、もうそんな自分を止めることもできない・・・。最後の高笑いは、深い闇に堕ちていくフロロの哀しい狂気でした。


エスメラルダの処刑は自分がやったことだとフロロから告げられたカジモドは、「あなたがやったのか!」と言います。
これも今までとは感じ方が異なりました。今までは、愛するエスメラルダを死に追いやったフロロに対して、責めていると感じてきました。でも、ダニエルの演技に呼応していたのかもしれませんが、アンジェロのカジモドは、責めているというよりも一緒に嘆いていました。自分の子から罪を犯したと告げられた親は、それを責めるより嘆きますよね。「どうしてそんなことを・・・」と。

高笑いをして去ったフロロの後を追い、カジモドはフロロを大聖堂の上から突き落とします。
今まで、カジモドはフロロが憎くて突き落としたのだと思ってきました。でも、この日の数々の細かな演技の積み上げで感じたのは、カジモドはフロロをこの先ずっと続くであろう苦しみから解放し、救うために突き落としたのではないかということ・・・。

このシーンはカジモドの「自立した瞬間」だと書きました。フロロという存在から脱却し、その彼を怒りで殺したのだ・・・と思ってきました。でも・・・自立したからこそカジモドは、恩師を解放させる道を選べたのかもしれません・・・。


見終わってから、「私は今までノートルダムの何を見てきたのだろう・・・」と思いました。
なんだか、初めて見たかのような感動・・・。思い出すたび「ほうっ・・・」となる恍惚感・・・。


何度も何度もこれらのシーンを脳内で反芻しながら、ダニエルのフロロ像の奥の深さ、解釈の深さをしみじみと感じていました。
帰国してからいくつか目を通した記事で、やはり彼の解釈の深さについて書かれたものをいくつか見かけて「うん、そうそう!」と反応していると、やはり同様に「でしょー!」と言ってくる人もいて(笑)、私だけがそう感じているのではないのだと思いました。

n20161232.jpg
パリ凱旋公演カーテンコール


初めてノートルダムをVHSビデオ(←時代だなw)で見てから、はや16年・・・。
あの時の「フランス語いっこもわからん!」という状態から、七転八倒しつつフランス語を続けてきましたが、やってきてよかった・・・。歌詞や訳の記憶ではなく、言葉をダイレクトに理解しながら、それにぴったりしたものを実感しながら味わう喜び。

ああ、私はここにたどり着くために、これまでやってきたんだ・・・


ダニエルの演技は回によって少しずつ違い、印象もそれに合わせて変わりました。
2017年には凱旋公演のDVDが出る予定ですが、どんなものになるのか見るのが楽しみです。


パリ凱旋公演カーテンコール「カテドラルの時代」


   → 次 ノートルダム凱旋公演観劇記 (3) 「フロロの転換点」



ノートルダム凱旋公演2016観劇記
(1) 凱旋公演に至るまで
(2) フロロとカジモド
(3) フロロの転換点
(4) 演出の変更点
(5) 写真
(6) キャストの感想


(1) ノートルダム凱旋公演観劇記 ~凱旋公演に至るまで~

パリで「ノートルダム・ド・パリ」を見るのが長い間の夢でした・・・。

n20161245.jpg
パリ凱旋公演カーテンコール

フレンチ・ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ Notre-Dame de Paris」は、1998年にパリで初演後、世界各国で上演されています。世界で1100万人の観客動員数を誇り、各国語で上演されてきました(あらすじ、歌解説など詳細はこちら)。
*日本は2013年に英語版を上演。*劇団四季の「ノートルダムの鐘」とは別作品。

しかし、もう10年近くフランスでの上演がないまま・・・。
私は初演はおろか、フランスで一度もノートルダムを見たことがありませんでした。ここ数年、早く本国上演を!と叫び続けてきましたが、ようやく2016年11月にフランスでの凱旋公演が決定。それを知った時点で、キャストが誰であれ行こうと決めていました。

そんなところへ、フロロ役がオリジナル・キャストのダニエル・ラヴォワ Daniel Lavoie との発表!
オリジナルキャストは2000年頃に卒業しています。2015年にクロパン役のラック・メルヴィルが韓国公演で戻ってはきたものの、その他のキャストが戻ってくるとは正直思っていませんでした。
さすがに凱旋公演だけあって、すごい球を投げてきたなーというのが率直な感想。

n20161230pecheplate.jpg n20161231pecheplate.jpg
初演&凱旋公演の会場パレ・デ・コングレ



「ノートルダム・ド・パリ」以前は、「フランスはミュージカル不毛の地」とまで言われていました。
その扉を開いたのがノートルダム。「歴史的」と言われる大ヒットとなったのですが、フランスの大文豪ヴィクトル・ユゴー原作というのも少なからぬ成功の要因だと私はずっと思ってきました。

しかし、とあるインタビューでノートルダムの作詞家リュック・プラモンドン先生が、製作当時の話をしていた時のこと。「ノートルダムを作って上演をモガドール劇場に持ちかけたら、『ユゴー作品だからダメ』と言われた」とおっしゃっていたのです。
ユゴーのミュージカル作品といえば、「レ・ミゼラブル」。レミゼがフランスではなぜかぱっとした結果を残していないというのは知っていましたが、フランスの初演版だけかと思っていたのです。レミゼはロンドンで今の形に作り変えた後フランスでも上演されていましたが、ユゴーものはダメと言われる程だったとは・・・・・・・・・・。

しかも出演者は当時ほとんどがフランスで無名に近い存在でした。ミュージカルそのものが市民権を得ず、原作もダメ出しをされ、出演者はほぼ無名という逆風満帆な状態。

そんな中、唯一名を知られた存在がダニエル・ラヴォワでした。彼はカナダ人ですが、フランスでも歌をヒットさせていたのです。彼が参加するということで作品に興味を持った人は少なくなかったでしょう。彼の存在は、逆風の中でのスタートだったノートルダムの成功にとって計り知れない価値があったのだろうなと、今になってしみじみ思っています。そして単に知名度があっただけではなく、その歌唱力・演技力によって多くの聴衆を魅了し、彼も歌った「ベル(美しい人) Belle」は大ヒットとなって、ノートルダムの大成功に大きく貢献しました。

そんな「ノートルダムの父」と言って過言ではないダニエル・ラヴォワが戻ってくる!
しかし、彼がノートルダムを離れて15年以上。髪は白く変わっているし、歳月を経て演技は変わっているかもしれない。その辺は、逆に彼も「新人枠」でした(笑)。私自身は、彼をCDやDVDで何度も聞いてはいたし、コンサート版で生で聞いたことはあったけれど、本番の舞台では見たことはありませんでした。




凱旋公演の会場は、初演と同じくパリのパレ・デ・コングレ劇場。
初めて入った3700席の大劇場は、思ったよりも見やすそうな座席配置でした。
舞台手前は階段状になっています。ああ、ノートルダムの舞台だ・・・。

n20161255.jpg

そして厳かに始まるオープニング。グランゴワール Gringoire のリシャール・シャーレ Richard Charestが「カテドラルの時代 Le temps des cathédrales」を高らかに歌い始めます。奥にはいつもの大聖堂の壁、姿を現すガーゴイルの像。

そして、次の「サン・パピエ Sans papiers」で、あ!と思ったこと。
パレ・デ・コングレ劇場は横幅が26mほどあり、かなり横に広いのです。ノートルダムの群舞は横のラインへの移動がかなり多く、それが小気味よい統一感と迫力を生み出しています。狭い劇場でもそれは感じられるのですが、このコングレ劇場の広さだと、その迫力や効果が存分に発揮できるのですね。この横ラインの演出は、コングレのこの横幅があったからこそ出来上がったものなのでしょう。

n20161254.jpg
終演後のノートルダムの舞台。

この横幅の広さの効果を感じたのが、もう一か所。
「アヴェ・マリア Ave Maria」の歌の時に、ジプシーのエスメラルダ Esmeralda が夜の大聖堂の中で一人になります。歌い始める前の薄暗い舞台に、エスメラルダがぽつーんとたたずんでいる・・・。その「ぽつーん」感、逆に夜の大聖堂の厳かな大きさなどが、これだけ広い舞台だとすごく迫って感じられるんですよね。

この広さを活かした演出をそれにぴったり合った劇場で見て、私は「ああ、ここは誕生の地なんだ」ということを実感していました。


   → 次 凱旋公演観劇記(2) 「フロロとカジモド」



ノートルダム凱旋公演2016観劇記
(1) 凱旋公演に至るまで
(2) フロロとカジモド
(3) フロロの転換点
(4) 演出の変更点
(5) 写真




ノートルダム、ケベック公演2018 !!

「ノートルダム・ド・パリ」お里帰り公演もとうとう開幕!
メディアも客席も熱い~~(≧∇≦)(≧∇≦)
大変盛り上がっております。

・・・そんなホットな状況の今、他国での公演の情報も出ています!

n20161208.jpg


 「ノートルダム・ド・パリ」 ケベック公演

Le Journal de Montréalの記事では、
カナダ・ケベック州にてノートルダムのツアー公演があると書かれています。

・ケベック・シティ Québec (Grand Théâtre de Québec)
・トロワ・リヴィエール Trois-Rivières (Amphithéâtre Cogeco)
・モントリオール Montréal (Théâtre St-Denis)
・シェルブルック Sherbrooke (Centre culturel de l'Université de Sherbrooke)
・サグネー Saguenay (Théâtre du Palais municipal)

記事によれば、2018年8月11日からケベック・シティでスタートする模様。
正式なキャスト発表は、2017年春とのこと。


◆ 「ノートルダム・ド・パリ」 ベルギー公演

日程: 2017年12月16日
会場: Forest National (ブリュッセル)
劇場のノートルダム公演紹介ページ

フランス・ツアーが2017年末まで続くので、その流れでベルギーにも行く感じでしょうね。

いろんな国にツアーにこのキャストで行ってほしいです!


そして、ノートルダム新キャストによるDVDですが、
パレ・デ・コングレの売店のお兄さん情報によりますと、
2週間ほど後に撮影が予定されており、
2017年1月末に発売予定だそうです!!
楽しみですね~~♪♪


ノートルダム・パリ凱旋公演のセカンドキャストと「ベル」いろいろ

「ノートルダム・ド・パリ」のパリお里帰り公演もいよいよ今月!

フランス公演のセカンド・キャストも(とうの昔に)発表されていますので、まとめておきます。
(ぼちぼちの発表だったので、全部揃ったら・・・と思っているうちに今に至る)

ファースト・キャストはこちら
まずは、彼らのお披露目の歌声をまとめた動画をどうぞ。




では、セカンド・キャストたちをどうぞ!(並びは発表順です)
*元画像が縦長だった人は顔半分が切れて表示されてます・・・(--;)。
画像上の白い文字のリンクをクリックすれば、オリジナル画像にジャンプします。

Elhaida Dani |エスメラルダ役              Kaël|グランゴワール役
 

Jean-Michel Vaubien |クロパン役          Rodrigue Galio|カジモド役
 

Robert Marien |フロロ役              Flo Carli | フェビュス役
 

IDESSE|フルール・ド・リス役


ワールドツアーではセカンドキャストが複数の役を受け持ち、約4人で回していましたが、今回はさすがに1役につき1人のセカンド・キャストがいますね!そして、フロロ役セカンドキャストのロベール・マリアンが演出補佐もするそうです。


↓新キャスト(*ファーストキャスト)による男性3人衆の「ベル(美しい人) Belle」とエスメラルダの「生きる Vivre」
カジモド:アンジェロ・デル・ヴェッキオ、フロロ:ダニエル・ラヴォワ、フェビュス:マルタン・ジルー、エスメラルダ:イバ・タワジ




検索していたらいろいろヒットしたので、いろんな「ベル」をどうぞ。

↓フレンチ・ミュージカルの代表的な歌手たちが歌う「ベル」!!
カジモド・パート:フローラン・モット Florent Mothe (アーサー王、サリエリ)
フロロ・パート: ダミアン・サルグ Damien Sargue (ロミオ、アラミス)
フェビュス・パート: ヴァンサン・ニクロ Vincent Niclo (レッド・バトラー、Il Divoのアルバムに「カテドラルの時代」で参加)


声のイメージで言うなら(音域は無視)、ヴァンサンがカジモド、フローランがフロロ、ダミアンがフェビュスで聞いてみたかったなあ。それにしてもすごいメンツですよね。


そして、大変珍しいのでこちらも追加。
ブリュノ・ペルティエがフロロ・パートを歌う「ベル」。(歌い慣れてないので、ちょっと詰まったりしてますw)



本公演の模様を知らない方のために、「ベル」のオリジナル・キャストによる初演版「ベル」
カジモド:ガルー、フロロ:ダニエル・ラヴォワ、フェビュス:パトリック・フィオリ



新たなメンバーの「ベル」が楽しみですね!

ノートルダムの新DVD?

もうすぐパリで再び幕を開ける「ノートルダム・ド・パリ Notre-Dame de Paris」、新たなDVDが出るかもしれません!
しかも・・・フレンチ・ミュージカル「アーサー王伝説 La Légende du Roi Arthur」のフランス語版DVDを制作したのと同じ会社!

n20161101.jpg
せっかくなので、「アーサー王伝説」と「ノートルダム・ド・パリ」のDVDを並べてみました。
バックはノートルダム初演版パンフレットです。ダニエル・ラヴォワがまだ白髪じゃないよ!(^^)



ソースはこちらのDaiily Gridという韓国語の記事。
「아더왕의 전설에 이어 노트르담 드 파리까지, '패뷸러스 유럽에서도 눈길
アーサー王の伝説に続いてノートルダム・ド・パリも。ファビュラス、ヨーロッパでも注目 」

ファビュラスはフェビュスではなく・・・「Fabulous」という会社名。
「アーサー王伝説」のフランス版DVDが出たばかりなので、慌ててクレジットを見てみました。

Film Production by FABULOUS
Film directed by Sung-bok Myron Jung

Projet DVD : Funmasters / Thomas Tréheux
Infographie DVD : Thomas Tréheux / Olivier Lala


間違いなく、「Fabulous」と書いてあります。ディレクターのお名前は韓国人のお名前という感じですよね。

グーグル翻訳先生に頼って解読した結果の一部を紹介:
-------------------------------------------------------------
1998年の実況DVDは、現在もギネスの累積販売量を達成しているだけに、初演20周年を迎え、再び映画で製作されている実況を韓国企業で引き受けることになったのは、意味が格別だ。

ミュージカルシネマ「ノートルダムのパリ」は、来る12月15日、16日にフランスの現地撮影が予定されており、映像は映画だけでなく、DVD、VR、TV、ビッグスクリーンなどを介して見ることができる。
-------------------------------------------------------------

・・・ということは:

- 2016年12月15・16日にパリのパレ・デ・コングレ劇場で舞台撮影が行われる
- DVD発売や映画館上映が予定されている

・・・っていうことですよね!!

フランスのチケット販売を扱うFNACのサイトを見てみたところ、FNACでは
12月15日: チケット発売なし
12月16日: チケット発売中

・・・ということは、記事通りだとすれば、1日は客なしで撮影し、1日は客を入れて撮影する、という予定ということ。

「アーサー王伝説」のDVDも数日に分けて撮影され、まさしく客入りと客なしの状態で撮影されたそうです。「アーサー王」では機材を舞台に置き、舞台の奥からとか役者の間近からとか撮影した映像が入っています。同じ会社が制作するなら、そんな感じになるのかも?
(ただ、アーサー王の客入り撮影日は公募だったそうで、普通にチケットを発売している感じのノートルダムとどれほど同じになるかはわかりませんが・・・)

n20161102.jpg
せっかくなので②: それぞれのDVDのブックレット(ノートルダムは全体が「本」みたいな感じですが)。バックは好みによりノートルダム初演版プログラムその2。


この話、現在ソース記事は1つだけなので、どこまでちゃんとした話なのかはわかりません(仏ミューの話はいつも話半分で聞く・・・)。

ただ、元々今回のパリ公演では「演出が新しくなるかもしれない」という風の噂(本当に風レベル・・・)を聞いたことがあったんです。
ノートルダムは初演から基本的な演出が変わっていませんから、今回のフランス凱旋公演を機に新演出になっても不思議はありません。

そして、ドイツ語ミュージカルの「モーツァルト!」は新演出になって、今年新しくブルーレイが発売されたのですよね。
やはり、新演出になったら新しくDVDやブルーレイの映像が欲しくなるのが人のココロというもの。しかもオリジナル・キャスト(フロロ役)のダニエル・ラヴォワもカムバックしているし、「ノートルダムも新演出にするなら新しくDVD作ればいいのにな~」と漠然と思っていたのでした。

そこへこのようなニュース記事、しかも届いたばかりの「アーサー王伝説」DVD制作会社と同じ・・・。私の中で、現実感がかなり高まっております(笑)。

ですので、信憑性がどれだけある話なのかもよくわかりませんが、とりあえず期待を込めて!!祈願という意味で!!とっとと記事にしておくことにしました。

注意したいのは、あくまで「新たに舞台をDVD化するのが『アーサー王伝説』と同じ会社」ということ。「アーサー王伝説」や今フランスのミュージカル界で花盛りの「舞台背景のCG映像化」が行われるかどうかはわかりませんので・・・。


ダニエルは初演版DVDに出ていますが、長らくグランゴワール役を務めてきたリシャール・シャーレの姿がDVDとして残るのなら、素晴らしい機会だと思います。日本公演にも出ていたアンジェロ・デル・ヴェッキオ(カジモド役)もいるし、新エスメラルダ役のイバ・タワジちゃんも素敵だし、実現してくれたら嬉しいなあ!!
(とにかく祈る)




左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報

右サイドメニュー

ブログ内検索