ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

韓国ユゴー・ミュージカル・ガラコンサート

2013年5月、韓国ソウルで
「Victor Hugo in Musical Gala Concert」が開催されます。

つまり、ヴィクトル・ユゴーの小説を原作としたミュージカルのコンサート、
ということですね。

「ノートルダム・ド・パリ」のオリジナル・グランゴワールであるブリュノ・ペルティエは
このコンサートに招かれていて、ノートルダムの曲を歌います。

**韓国ガラコンサート(正式名称「Victor Hugo in Musical」)についての詳細は
こちらにて更新していきます。以下のページの情報は古いものですので
ご注意ください**






◆ 2013年5月24日~27日
「Victor Hugo in Musical Gala Concert」
場所: 韓国ソウル Sejong Theatre

劇場サイトではまだ発表になっていないようですが
(韓国語読めないので誰かヘルプミー!)
ブリュノ・ペルティエのオフィシャルサイトでは既に公表されています。


その他の詳細、まったくもって不明(笑)。

ユゴー先生のミュージカルということですが、
「レ・ミゼラブル」と「ノートルダム・ド・パリ」以外・・・ないですよね?
(少なくともヒット作品としては・・・)

実はこの話、他の誰でもないブリュノ本人から最初に聞かされた話だったのです。

今まで数々フレンチ・ミュージカルが来るだのやるだのの話を聞かされては
そのまま風のごとく消えていったことがたくさんあったので
他の人から聞いたことなら、話半分(いや10%)って感じで聞くのですが、
さすがに出演するご本人から聞いた上にオフィシャルサイトでも公表されたので
・・・やるんだよね、ブリュノ本当に。君、だまされたりしてないよね?(爆)

いえ、やると思います(笑)。
ただあまりに他の情報がないので・・・。
(おそらく企画から実現まで日数があまりなかったのではないかと想像)

とにかくブリュノから話を聞いた時に軽くパニくりまして、

最初は「ノートルダムのオリジナルキャスト・コンサート?」と思ったのですが、
いや、他のミュージカルのもやるらしい、と。

そんじゃ、フレンチ・ミュージカル・コンサート?と思ったら
レミゼとかもやるらしい、と。

つまりいったいどういうカテゴリーでのコンサートなんだかよくわからなくなりまして(汗)。
よっぽどインターナショナルなミュージカルのコンサートかしら、と思ったのですが、
まさかヴィクトル・ユゴー枠だったとは・・・。>ブリュノページの発表を見て理解。


韓国の会場は、ノートルダムの本公演も行った由緒正しい劇場。
とにかく韓国は、ノートルダムの招致公演を大成功させ、
その後数々のフレンチ・ミュージカルが韓国へ押し寄せたんです。
また、ノートルダムが韓国語版でも上演されています。

だから、元々「なんでノートルダムのオリジナルキャスト・コンサートを韓国でしないのかなー」
とは思ってたのですが・・・。
映画が大ヒットした「レ・ミゼラブル」と、元々人気のあったノートルダムを融合させるなんて、
やっぱり韓国、アイデアマンですね~~~~!


というわけで、全く情報がないので勝手に妄想を広げてるわけですが、
レミゼは英語で歌われるのか?フランス語でもいいんじゃないのか?
だったら、日本のフロロのロベール・マリアンはフランス語版レミゼのジャン・バルジャンですから
ロベールがこれに参加する可能性だってあるでしょうし、
なんならオリジナル・フロロのダニエル・ラヴォワがジャン・バルジャン歌ってもいいし、
それならブリュノがジャベールでもいいんじゃないのか、とか
・・・・
・・・・
(脳内妄想が止まりません(笑))


細かいことは発表になるからと思って、他のことを全く聞いてこなかったことが
若干悔やまれます(せめてダニエルが出るのか知ってるかどうかくらい聞けばよかった)。

ちなみに、同じ時にブリュノから、
ドイツにも同様にミュージカル・コンサートに招かれていたという話を聞きました。
こっちは立ち消えになったそうですが、
これも実現してたら、ウーヴェさんとブリュノのツーショとか?
キャーーーーーーーーーーーーーーー!ってこれも妄想で死にかかってました。


とにかく、ブリュノは「今年の5月」「韓国ソウル」で「ノートルダムを歌う」と
名言していました。

ロシアやウクライナに行くより、ケベックに行くより、韓国のほうが近いですよね?
それに、ノートルダムのオリジナル・キャスト・コンサートについては、
さすがにこれだけ回数やってますから、「次」があるのかどうかすらわかりません。

日本から駆けつけることもまた、次の日本公演へつなげることにもなるでしょうし、
何より、この千載一遇のチャンスを逃さないでほしい!!!!

ブリュノ・ペルティエのあの「カテドラルの時代」を生で聞けるんですよーー!!!


Comment

コメントをどうぞ

 編集・削除にはパスワードの入力が必要です
管理者のみ表示

左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報