ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

2005年パリ公演パンフレット

2005年末、フランス・パリの「パレ・デ・コングレ」で
「ノートルダム・ド・パリ」が再演された時のパンフレットのご紹介。
(パレ・デ・コングレは、ノートルダムが初演された大きな劇場です)


キャストページは、すべて一人ずつ、
どーん!と1ページまるごと使った大きな写真+テキストという形式。

この時のプリンシパルは

Esmeralda : Mélanie Renaud
Quasimodo : Jérôme Collet
Phœbus : Laurent Ban
Frollo : Robert Marien
Gringoire : Richard Charest
Clopin : Roddy Julienne
Fleur-de-Lys : Marilou Bourdon


コングレで数年ぶりの再演ということだったのですが、
この時は、黒人で髪の短いエスメラルダ、メラニー・ルノー。
その年の夏のケベック公演でもエスメラルダを演じています。

201302_08s_2005esmeralda.jpg Mélanie Renaud (Esmeralda)

エスメラルダは代々ロング・ヘアを色っぽくなびかせて・・・という感じで、
そもそもショートヘアって他にいないと思います。

しかし、エスメラルダの「異邦人」としてのイメージを現代に置き換えて考えると
いい感じなんじゃないでしょうか?

201302_09s_2005quasimodo.jpg Jérôme Collet (Quasimodo)

ジェローム・コレはフロロも演じる俳優さん。
2007年に韓国で行われたフレンチ・ミュージカル・コンサートでは
フロロ役代表として参加。

201302_10s_2005gringoire.jpg Richard Charest (Gringoire)

今年日本にやってくる我らがグランゴワール、リシャール・シャーレ。
この時は自分の髪型そのままの短髪。
(今回のアジア・ツアーは長髪のようです)
個人的には短髪のリシャール・グランゴワールのほうが好み♪
日によって長髪・短髪変えてみてはどうだろうか、リシャール。

201302_11s_2005frollo.jpg Robert Marien (Frollo)

今年日本にやってくる方その2、フロロ役のロベール・マリアン。
(フランス語版なのでフランス語読みでそう呼ばせていただきます。
今回の日本公演では「ロバート・マリアン」表記です)
「見てね見てね見てね!!!」と日本語で宣伝してくれたロマンス・グレー。
(あの音声、テレビCMに使えたらいいのに~~)

201302_12s_2005phoebus.jpg Laurent Ban (Phœbus)

ローラン・バンはフェビュスを長く努めてますが、
彼のフェビュス写真って、ちょっとイマイチなのが多い気がするんですが。
「星の王子さま」の「うぬぼれ屋」の役も自己陶酔タイプで、
そういうのが似合うイケメン顔・イケメン声です。

201302_13s_2005lys.jpg Marilou Bourdon

マリルー・ブルドンちゃん、かわいい♥
その前にフルール・ド・リスを努めていたナターシャ・サンピエのファンだったそうです。
ファンへのサプライズとしてナターシャと一緒に歌う、というのに
選ばれたのがマリルー(それまでに歌手活動はしています)。
そうしてその後、本人もフルール・ド・リス役やるんですから、縁ってやつですね♪

201302_14s_2005clopin.jpg

フランス・ツアーでもおなじみのロディ・ジュリエンヌ。
とっぽいというか、かっちょいい兄貴という雰囲気。
「十戒」や「スターマニア」にも出演してたそうです♪


お次はセカンド・キャスト。
以下の二人は、プリンシパルと全く同じ構成、
1ページに一人、どどーん!と大きく写真が使われています。

201302_15s_2005gringoire.jpg Cyril Niccolaï (Gringoire / Phœbus)

シリルはモガドール版CDでグランゴワールを歌っているように、
ノートルダムで既にプリンシパルを努めています。
ご本人にとってどうなのかは知りませんが、
私には別に「セカンドへ降格」という印象はありません。
次の年のアジア・ツアーではプリンシパルのグランゴワール(のはず)ですし。

201302_16s_2005esmeralda.jpg Nadia Bel (Esmeralda / Fleure-de-Lys)

ナディア・ベルはエスメラルダ役として様々な国に行っています。
このパンフのナディアのページによれば: フランス、カナダ、アメリカ、
ベルギー、スイス、レバノン、中国、台湾、韓国。

って、やっぱりレバノン公演やってたんだ!
  > 今ごろ気がつく私(汗)
でもそりゃそうですよね、でなきゃ
オリジナル・キャストがコンサートやるわけがない・・・。

それ以外の国で、2005年時点まででノートルダムが公演を行った国は
ロシア、スペイン、イギリス、イタリア (by パンフ情報)。


今年、ようやく日本もアジアの仲間入りができますね(^▽^)







左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報