ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

ノートルダム、ロンドン公演&パリ20周年記念公演!

現在カナダで絶賛公演中の「ノートルダム・ド・パリ」ですが、いよいよ久しぶりにロンドン公演!
そして、1998年の初演から数えて2018年は20周年ということで、パリのパレ・デ・コングレ劇場で20周年公演が開催されます。

おめでとうございます~~~~~~!!

数あるノートルダム作品の中でも、ヴィクトル・ユゴー原作の精神を深く伝える感動大作。
プラモンドンの華麗な言葉、コッシアンテの繊細かつ力強い音楽。
観客動員数は1300万人(!!!)だそうですが、それが全てを物語ってますね。
*劇団四季の「ノートルダムの鐘」とは別作品


作品タイトル: Notre-Dame de Paris ノートルダム・ド・パリ
作詞: Luc Plamondon  リュック・プラモンドン
作曲: Richard Cocciante  リシャール・コッシアンテ
オフィシャルサイトはこちら

最近の宣伝でよく使われている数値(2019年ロンドン公演トレーラーより):
観客動員数: 1300万人
上演国:  23か国
上演言語数:  9言語


◆ロンドン公演◆
劇場: Coliseum (劇場HP
日程: 2019年1月23~27日 
 チケットはこちら
(英語字幕あり!) ←ということはフランス語公演ですよね


ロンドン公演トレーラー

カジモド: Angelo Del Vecchio
エスメラルダ: Hiba Tawaji
フロロ: Daniel Lavoie
グランゴワール: Richard Charest
フルール・ド・リス: Alyzée Lalande, Idesse
フェビュス: Martin Giroux
クロパン: Jay

ロンドン公演のキャストが発表されました!
2016年凱旋公演スタート時に、フルール・ド・リスのファーストキャストだったアリゼちゃんが同役でカムバック!!(≧▽≦)
リス役はカナダ公演などでファーストを務めているイデスとダブルキャスト的に名前が挙がっています(少なくとも現段階では、劇場HP等でそういう扱い)が、ノートルダムではかなり珍しいと思います。

アリゼちゃんは2017年の「グリース」パリ公演で主役を務め、ノートルダムを降りていたので、カムバックは難しいかなと思っていただけに、個人的にはとても嬉しいです。彼女は、私の中で理想系のリスだったので(^^)。(ジュリー・ゼナッティは別格。あのRの発音の攻め方は怖いくらいに素晴らしい・・・)。


◆ パリ20周年記念公演 ◆

場所: パレ・デ・コングレ劇場(パリ)
日程: 2018年12月21日~2019年1月6日

2019073.jpg

ちなみに、この20周年記念ポスターに書かれているのは、
20 ANS QUE VOUS ETES
BELLE
「20年ずっとあなたは美しい」という意味。最後の単語「BELLE(美しい)」は、大ヒット曲の「BELLE(美しい人)」のタイトルで、それに掛けてる感じですね。

20周年記念公演のファースト・キャストは、おおむね2016年からの凱旋公演キャストだと思いますが、フルール・ド・リスについては変動があるかもしれません。また、セカンドキャストについては、カナダ公演ではケベコワ(ケベック人)キャストが参加するなどありましたので、こちらも変更の可能性があります。

いずれにしても、フランス国内に戻ってくるのはいつになるかわからないし、やっても聖地パレ・デ・コングレ以外の可能性もあるので、この機会にぜひ!!

20周年のお祝いをやれてなかったので、ついでに(笑)。
1998年9月16日、パリのパレ・デ・コングレ劇場でスタート。フランスのミュージカル界を変えることになった作品。
多少の演出変更や衣装変更はありますが、ほぼ一貫して同じ状態で上演され続けています。


1998年初演時のヒット曲「ベル(美しい人) Belle」 by ダニエル・ラヴォワ(フロロ)、ガルー(カジモド)、パトリック・フィオリ(フェビュス)


1998年初演時の「リューン(月) Lune」 by ブリュノ・ペルティエ(グランゴワール)

ちなみにこの曲は、約20年前ブリュノの「ノートルダム」でのオーディション曲だったそうです。
元々カジモド役としてオーディションに参加したブリュノですが、スタッフが求めている声質と異なったため、そちらは不合格。しかしスタッフから、「まだ役は練り上げられていないけれど、君にぴったりの曲がある」と言われて渡されたのがこの「リューン」。

歌いこなすのが難しいと言われるこの曲、作曲家のコッシアンテ先生は歌ってみせてくれたかもしれませんが、ブリュノはその場で歌わされた状態。今のようにCDなどを聞いて予習ができたわけでもなく、この難曲を歌い上げて見事役をゲットしたというのは、なかなかですね。


Comment

コメントをどうぞ

 編集・削除にはパスワードの入力が必要です
管理者のみ表示

左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報