ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

(5) ノートルダム凱旋公演観劇記 ~写真~


n20161213pecheplate.jpg n20161214pecheplate.jpg

n20161215pecheplate.jpg

n20161219pecheplate.jpg

n20161217pecheplate.jpg

n20161218pecheplate.jpg

n20161220pecheplate.jpg

n20161222pecheplate.jpg

n20161223pecheplate.jpg n20161224pecheplate.jpg

n20161225pecheplate.jpg n20161216pecheplate.jpg

n20161226pecheplate.jpg n20161227pecheplate.jpg

n20161228pecheplate.jpg

n20161221pecheplate.jpg
この写真、とても好きです。
リシャールがノートルダムに参加した当時、彼はまだ駆け出しの頃で、インタビュー映像見ても、ちょっと頑張って突っ張ってる感じがあるんですよね(^^)。当時からリシャールはダニエルとは「同僚」になっていたわけですが、リシャールからすれば、ケベックでも既に有名歌手だったダニエルは、まだまだ雲の上の存在だったのではないでしょうか。

それから年月を経て、リシャールはノートルダムの最多出演記録を誇る歌手の一人となり、ダニエルと対等に「フィレンツェ」等を歌うようになったわけです。凱旋公演の舞台に一緒に立つことで、一番感慨深く思ったのは、リシャールだったのじゃないかと想像します。

そんなリシャールがカーテンコールのカテドラルを歌い終えた瞬間、大先輩のダニエルがリシャールには見えない後方で「いいね!」サインを出している・・・。彼に見せるためではなく、自然と彼の歌を讃えている。

リシャールの笑顔もとても自然で、彼ら自身がこの舞台で一体となって幸せな時間を過ごしているのだなと感じます。

Merci pour ces belles photos, pecheplate !!

n20161234.jpg

n20161233.jpg

n20161246.jpg

n20161247.jpg n20161248.jpg

n20161253.jpg

n20161240.jpg n20161241.jpg

n20161242.jpg n20161244.jpg
カテコでカテドラルを歌うリシャールが、耳に手をあて聴衆が歌うのを聞いています。今まで世界中で回った公演で、リシャールのこういう姿はあまり見なかったように思います。

グランゴワール役オリジナルキャストのブリュノ・ペルティエが、カテドラルを歌うたびにいつもそうするのですが、これは「歌わせたい」からではなく、「聞こえてくるから聞きたくなる」からやっているのですね。
母国語圏で上演することの喜び、ここにあり。フランス公演に参加できてよかったね、リシャール!!

n20161249.jpg




ノートルダム凱旋公演2016観劇記
(1) 凱旋公演に至るまで
(2) フロロとカジモド
(3) フロロの転換点
(4) 演出の変更点
(5) 写真
(6) キャストの感想




Comment

コメントをどうぞ

 編集・削除にはパスワードの入力が必要です
管理者のみ表示

左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報