ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

Quand on arrive en ville - STARMANIA !!

「スターマニア Starmania」は
「ノートルダム・ド・パリ」の作曲家リュック・プラモンドンと
若くして亡くなったフランスの人気歌手ミッシェル・ベルジェがタグを組んで作った
フレンチ・ミュージカル初期の作品。

その中に「Quand on arrive en ville 我らが街に降り立つ時」という歌があります。
いろんな人が歌っていて、人気の歌なんだなと思います(^^)。

ndp2015-52.jpg


私、この歌が大好きなのですが、
この歌の役を演じたブリュノ・ペルティエは他の名曲は歌ってくれても
この歌を今まで歌ってくれたことがない・・・。

10年間くらいずーーーっと歌ってほしいと願っていたのですが、
先日2015年12月にスイスで行われた
「プラモンドンを歌う On chante Plamondon」コンサートで
ブリュノが歌ったそうです!!
うわあああああああ(感涙)ありがとうううううう(むせび泣き)

「あの歌を歌ってくれたと聞いたから 12月22日はスターマニア記念日」
・・・というわけで、「我らが街に降り立つ時」を集めてみました。


1984年モガドール公演版。
歌っているのはBruno Pelletier & Jasmine Roy。
ブリュノもいいけど、ジャスミンもかっこよいのですわ~♪
画像は当時の舞台写真ですね。
(ブリュノのヘアスタイルを「弁髪」と呼んでます(笑))
衣装がサイケデリックで素敵だ♥


我らが街に降り立つ時
どこからともなく現れて
家もなく暮らす
眠るのは倉庫の中

昼はおとなしく
誰とわからぬよう過ごす
夜になれば色を変える
我らが街に降り立つ時

地下の街が闇に広がり
うろつく奴らは担架で運ばれていく

奴らの行動に動機なんてない
変な連中 イカれてるのさ
希望なんかないんだろう
とにかくそれが 今夜のニュースで言ってること
我らが街に降り立つ時



↓こちらは「Mozart, l'Opéra rock」のメンバーが歌う
オフィシャルクリップ。

この動画に出ているメンバー、フロラン・モットゥ以外は
全員が2016年韓国公演に参加予定。


↓こちらは「1789 バスティーユの恋人たち」のメンバー版。
・・・王妃様が!マリー・アントワネット様が
「我らが街に降り立つ時」を歌ってる・・・!!!と思うと、いたく感動。
(動画は少し重いようで、しばらくすると始まります)


La comédie musicale 1789 : "Quand on arrive en ville"

そしてこちら↓は同じく「1789」メンバー版ですが、
雰囲気がかなり若い!
上の動画は、貫禄がだいぶ違いますよね。



せっかくなので、「スターマニア」の名曲
「S.O.S. d'en terrien en détresse 遭難した地球人のSOS」。



どうして僕は生きるのだろう
どうして僕は死ぬのだろう
どうして僕は笑うのだろう
どうして僕は泣くのだろう・・・


ひょっとしたら、この歌を世界で一番多く歌っているのは
ブリュノじゃないかな・・・と思います。
本公演に出た回数も含め、
その後ソロコンサートでよく歌っているので。


ブリュノ・ペルティエ様、
いつかソロツアーで「Quand on arrive en ville」を歌ってね♪



Comment

コメントをどうぞ

 編集・削除にはパスワードの入力が必要です
管理者のみ表示

左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報