ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Entries

カテドラル!Cathédrales !!

「カテドラルの時代 Le temps des cathédrales」は
ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」のオープニングを飾る大ヒット曲。
本公演のキャストばかりではなく、いろんな人が歌っています。

2015年「ノートルダム・ド・パリ Notre-Dame de Paris」韓国秋公演を記念して:
・ いろんなカテドラル集めてみました!
・ 「カテドラルをカテコで一緒に歌おう!」企画⇒カタカナ歌詞紹介!


■ カーテンコールでのカテドラル
  by Bruno Pelletier (ブリュノ・ペルティエ




ノートルダム・オリジナルキャスト・コンサートでのカーテンコール。
ロシアではこんな風に客席が歌っています^^
母語じゃなくても歌っちゃおう~♪

 
■ 豪華な劇場での合唱カテドラル
   by IL DIVO & Vincent Niclo (イル・ディーヴォ&ヴァンサン・ニクロ)




世界にその名をとどろかす IL DIVO+Vincent Niclo が歌っています。
撮影されたのはパリのThéâtre du Gymnase
(以前シャトレ座とお伝えしてきましたが、↑の劇場ではないかという疑惑が発覚。
天井の画像を見比べた結果、Théâtre du Gymnaseだと思われます(>_<;))

⇒ この歌を収録したIL DIVOのアルバム「ミュージカル・アフェア」詳細


■ ヘビメタ・カテドラル
   by Ta Mère (タ・メール)




カテドラルをまさかのヘビメタで!
最初は変なおじさんたちなんですけど(演出です)、途中から
中世の騎士の鎧をつけて、髪を振り乱して歌っています。かっこいい!

ちなみに、「タ・メール」とは「君のお母さん」という意味。


■ カテドラルでのカテドラル
  by Richard Charest (リシャール・シャーレ)




本物のカテドラルで歌われるカテドラル(英語)。
リシャールはノートルダム日本公演の初代グランゴワールです^^
撮影場所は中国広州市の石室聖心大聖堂。荘厳なカテドラルをご覧あれ。


■ ジョシュ的カテドラル
  by Josh Groban (ジョシュ・グローバン)


・・・どう形容すればいいか言葉に尽きてしまった・・・(ジョシュごめんね)。
朗々とカテドラルを歌い上げています♪



オリジナルのブリュノにメッセージをもらって喜んでいたジョシュが
とてもキュートでかわいかったです。その時のエピソードはこちら








さて、カテドラルのカーテンコール用歌詞カタカナ版です。

* 周りが全然歌っていない状況なら、
グランゴワールのソロパートが終わって合唱になってからのほうが
いいかもしれません(臨機応変にご対応を)。

* カタカナでの表記には限界があります。
自分の耳で聞こえるように歌うのがベスト。


カテドラルの時代 Le temps des cathédrales

**
イレヴニュ ルタンデカテドラル
ルモンデタントレ
ダンザン ヌーヴォー ミレネー
ロマヴリュ モンテ ヴェーレゼトワール
エクリール ソニストワー
ダンルヴェーウダンラピエー
** 

(ここから合唱)
** 繰り返し

イレフテュ ルタンデカテドラール
ラフール デバーバー
エトポートドゥラヴィル
レセ アントレ セパイヤン セヴァンダル
ラファンドゥスモーンドゥ
エプレヴュ プーランドゥミル
エプレヴュ プーランドゥミル




** 部分の訳 **

カテドラルの時代がやってきた
来る時代は 新たな千年紀
人は 星に向かって昇ることを望み
自分の物語を刻むことを願った
大聖堂のガラスや石に 


さあ・・・グランゴワールと一緒に星に向かって昇ろーぜ♪



参照: Notre-Dame de Paris 全曲初演版CD / カーテンコール


[2015年9月25日]

Comment

コメントをどうぞ

 編集・削除にはパスワードの入力が必要です
管理者のみ表示

左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報