ノートルダム・ド・パリ応援隊

We love Notre-Dame de Paris. We love French Musical.

 

Category [関連作品 ] 記事一覧

(8) 陽ざしの中へ:四季版ノートルダム

ノートルダムのテーマは、見る(読む)人により感じ方は様々だと思いますが、アニメ版と四季版では、最初と最後にテーマ・フレーズが挿入されています。ちょっとおもしろいのは、アニメ版ではそれぞれ少し別の言葉になっている点:オープニング: "Who is the monster and who is the man?"誰が怪物で誰が人間なのかラスト: What makes a monster and what makes a man?何が怪物を作り 何が人間を作るのかこれが四季版では、ど...

(7) カジモドの名前の本当の意味:四季版ノートルダム

ノートルダムの主人公(一応)の「カジモド Quasimodo 」の名前の意味はご存じでしょうか。アニメ版や四季版を見て、「え?『できそこない』でしょ?」と思ったあなた、実はちょっと違うんです。↑エスメラルダとヴィクトル・ユゴー原作でも、カジモドにその名を与えたのは、カジモドを拾ったフロロです。カジモドを拾った日は、「カジモド・サンデー(白衣の主日)」というカトリックの祝日、だから名前は「カジモド」。極めてシン...

(6) 弟が示すフロローの道:四季版ノートルダム

原作では、フロロ(クロード・フロロ)の弟ジャンが登場します。物語の年(1482年)時点で、弟は16歳の学生。兄と違って放蕩者。結構登場シーンの多いキャラではあるものの、ストーリーの骨格部分に絡んでこないためか、派生作品にはあまり登場しません。そんな弟が四季版で登場!!しかも放蕩者設定!(四季版の名前は「ジェアン」)弟、キターーーーーーーーーッッ!!(≧∇≦)・・・はい、もう何でも嬉しいわけです(笑)。しかし...

(5) カジモドはなぜ「反逆」したのか:四季版ノートルダム

様々に違いのあるノートルダム作品群ですが、4作品の中で原則的な共通項というものがあります。(**今からラストをネタバレします。ご注意ください**)↑ノートルダム大聖堂内ジプシー娘エスメラルダを愛してしまったフロローは、自分を受け入れようとしないエスメラルダを死に追いやろうとします。しかし最後にはフロロー自身が死亡。アニメ版のみいわば「事故死」ですが、原作もフレンチ版も四季版も、フロローはカジモドによ...

(4) 神父は判事と似て非なるもの:四季版ノートルダム

主人公が誰かというのは人によって意見が分かれるノートルダムですが、原作者ユゴーが一番描きたかったのはおそらくフロロだと思います。**ネタバレあり**↑ノートルダム大聖堂内。このステンドグラスは窓になってるんですね。ノートルダムの物語の核を成すそのフロロの描き方は、作品によって結構異なります。原作・フレンチ版では聖職者、アニメ版では判事。そして四季版では聖職者に戻りました。原作でフロロが神父である理...

左サイドMenu

Profile

Mew

Author : Mew

2013年来日公演したミュージカル
ノートルダム・ド・パリ」、及びフレンミュージカルを応援中!ノートルダムでオリジナル・グランゴワールを務めたブリュノ・ペルティエも熱く応援中!


Facebookで読む
Twitterで読む

最新記事

関連ブログ更新情報